老人ホームの種類について

年々年を重ねていくたびに不安になってくるのが、老後の生活です。

健康で長生きできるとが一番良いのですが、急に病気になったり、認知症を発症したりする可能性も少なくないのです。

こうした老後に不安を感じる高齢者に支持されているのが、老人ホームの存在です。
近年の急速な高齢化も影響して、高齢者向けの施設は急増しています。

特に、老人ホームは人気の施設であり、民間が運営する施設も増え、圧倒的多数になっているのです。
では、老人ホームについて詳しく説明していきます。

まず老人ホームには、特別養護ホームと有料ホームに分けられます。

どちらも高齢者の介護施設となっていますが、内容には少し違いがあります。

特別養護ホームとは、別名介護老人福祉施設と呼ばれ、社会福祉法人や地方自治体などが運営する公的な施設です。

入居には条件が設けられ、65歳以上で要介護認定を受けていることが必要になります。

老人ホームの為になる情報です。

さらに、常時介護が必要な人や寝たきりの人などの場合、入居が優先的に認められることになっていることも特徴です。次に、有料老人ホームについて説明します。



多くの場合民間の企業により運営されており、介護付きタイプや住宅タイプなどに分類されています。

こちらの場合も住居条件があり、65歳以上の人が入居できます。


また、介護付きのタイプであれば、要介護認定を受けた人が入居でき、健康な人は住居タイプを選択できます。費用は、少し高額になる場合がありますが、新築のホームが多く、基本的に個室であり、プライバシーが保てるという利点も備えた施設になっています。