老人ホームでも在宅看護が受けられる

老人ホームは、健康な生活を送る事が出来る方が利用する施設として知られています。


認知症であれば認知症対応のグループホーム等を利用する事になりますし、医療的な管理が継続して行う必要がある場合は、その他の老人介護保健施設などを利用するケースが多くなっています。

また、老人ホームでは継続して見ることが出来なくなるケースも有り、要介護度が上昇するとともに、施設の変更を余儀なくされるケースが有ります。

しかし、馴染みのある老人ホームの生活を続けたいと考えている人にとって施設を変える事は勇気のいる話です。

NAVERまとめ情報は初心者にも分かりやすいです。

知っている顔がいるから継続して施設で生活できているのに、知らないところに行く事は不安が強くなるに違いありません。

事実、環境が変わればせん妄症状などが出現する事もありますし、最悪の場合精神的な病に罹る可能性もあります。

京都の老人ホームがどんなものかご存知ですか。

そうした方にお薦めなのが、訪問看護の導入です。
実は、老人ホームであっても訪問看護の導入が可能となっています。訪問看護では、施設などで生活する人に対しても看護的なケアを行う事が出来るので、医療的な管理が必要な場合でも継続して老人ホームでの生活が可能となります。



勿論、在宅看護の適応になるためには介護認定が必要になりますし、そもそも要介護にならない事が重要ですので、日々の生活の中から予防行動はしっかりと行うことをお薦めします。

そして、生活習慣を改善し、気持ちのよい老後を過ごせるように心がけましょう。